まるでプロの技!見違えるブローの仕方

前髪を変えると顔の印象が大きく変わります。
自然な前髪にするためには髪の根本をしっかり濡らしてからブラシを入れて、自分のクセの逆方向に向かって優しくひっぱるようにブローします。
その後反対に向かって同じように行うと真ん中からぱっくりと割れてしまうのを防ぐことができます。
このとき根本からしっかり乾かすことが重要で、濡らしてから時間がたつとクセがついたまま乾いてしまうので一番最初に前髪からブローするようにします。
その後ロールブラシを巻き付けて、回転させながら丸みのある前髪を作ります。
ロールブラシがない場合にはカーラーなどを使って丸みを作ることもできます。
ロールブラシやカーラーなどを巻いた髪にドラテクスチャー16イヤーを髪の上からあててクセをつけた後、ドライヤーを外してそのまま冷ますか冷風をあててクーリングします。
熱を加えた後に冷ますことでしっかりとクセがつくようになります。
そのままだとまっすぐおりた状態になりますが、横に流す場合には手を使って流す方向へ整えて、固定したい時には手のひらにワックスを薄く広げてから毛先のみにつけるようにします。
全体につけてしまうとせっかくつくった丸みがなくなり、ぺたんとしたスタイルになってしまいます。

Comments are closed.